検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「保物セミナー2016」印象記

Impressions of Health Physics Seminar 2016

真辺 健太郎

Manabe, Kentaro

平成28年11月2日に大阪科学技術センターで「保物セミナー2016」が開催され、150名の参加があった。今回のセミナーは、「防護量と実用量 最新の動向」、「福島から考えるこれからのリスクコミュニケーション」及び「低線量放射線のヒトへの影響」の3つのテーマで構成されていた。各テーマでは、その分野の著名な専門家により、最新の動向や問題解決に向けた提案等の講演があった。他に、原子力規制庁の専門官による「放射線障害防止法関係の最近の動向」と題する特別講演があり、最近のトラブル事象や立入検査の実施状況、IAEAの総合的規制評価サービスを受け入れた結果等が紹介された。セミナーでは、各講演に対して、現在あるいは今後に想定される課題について参加者より質疑があり、その解決策等に関する議論も展開された。本稿は、セミナーでの講演や議論の概要、各テーマ等に関する著者の所感を取りまとめたものである。

Health Physics Seminar 2016 was held at the Osaka Science & Technology Center with 150 participants on Nov. 2, 2016. The seminar was consisted of three themes: "current movements of protection and operational quantities", "future risk communications inspired by the Fukushima accident", and "effects of low dose radiation on human". Eminent specialists gave lectures about the news in their particular fields and suggestions to problems. In addition, a special lecture entitled "recent movements of issues about Act on Prevention of Radiation Hazards due to Radioisotopes, etc." was given by a specialist of the Secretariat of Nuclear Regulation Authority. This lecture introduced the examples of trouble incidents, reports on implementation status of inspections, results of Integrated Regulatory Review Service by IAEA, etc. There were vigorous questioning and discussions through the seminar. This document reported the summary of the lectures and discussions, and the author's impressions of the seminar.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.