検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Experimental study of double hypernuclei with a hybrid emulsion method at J-PARC

J-PARCにおけるハイブリッドエマルション法によるダブルハイパー核の実験研究

佐甲 博之; 江川 弘行

Sako, Hiroyuki; Ekawa, Hiroyuki

ダブルハイパー核は$$Lambda$$を2つ含んだ原子核であり、ハイペロン同士の相互作用の研究において重要なプローブである。ダブルハイパー核を検出するためには、連続する弱崩壊を1$$mu$$m以下の位置精度で捉えられるエマルションを用いるのが有効な手法である。J-PARC E07実験ではKURAMAスペクトロメータとエマルションを組み合わせたハイブリッドエマルション法によってダブルハイパー核を探索する。この実験では$$(K^-,K^+)$$反応によって生成した$$Xi^-$$をエマルションに入射し、エマルション内の原子核と反応させることでダブルハイパー核を生成する。顕微鏡によるエマルション解析を効率良く行うためにエマルションの上流にSSD(Silicon Strip Detector)を設置し、精度良く$$Xi^-$$の位置と角度を測定することで$$Xi^-$$の軌跡の自動追跡を可能にする。全体で100個のダブルハイパー核を発見し、そのうちの10個について核種を同定することを目標とする。2016年の6月にKURAMAスペクトロメータの立ち上げ・エマルションへの照射が行われ、全体の15%の統計量を達成した。本講演では、E07実験の現状、解析結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.