検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Applications of ion channeling in accelerator mass spectrometry

加速器質量分析の同重体分別へのイオンチャネリングの適用

松原 章浩*; 藤田 奈津子; 石井 邦和*

Matsubara, Akihiro*; Fujita, Natsuko; Ishii, Kunikazu*

AMSにおける同重体分別技術の開発が盛んに行われている。本論文では、2つの新しい同重体分離技術を提案する。一つはチャネリングディグレーダーともう一つはコヒーレント共鳴励起(RCE)に基づく同重体分離である。両方とも、イオンが結晶チャネルを通過すると、大きな角度のイオン散乱を大幅に減少させる現象である「イオンチャネリング」に基づいている。チャネリングディグレーダーではイオンの透過性を上げることに成功した。またRCEに基づく同重体分離については結晶内での電離段階を利用した同重体分離を行っている。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.