検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ヒラメ中放射性セシウム濃度への成長による影響調査

Investigation of the radioactive cesium concentrations in flatfish depended on its growth

松原 菜摘; 永岡 美佳; 藤田 博喜; 中野 政尚

Matsubara, Natsumi; Nagaoka, Mika; Fujita, Hiroki; Nakano, Masanao

原子力機構では再処理施設保安規定に基づき施設からの放出放射能による周辺環境への影響を把握するために、陸上及び海洋の環境放射線(能)モニタリングを実施している。このモニタリング結果は、過去10年間の測定値の変動範囲と比較することで評価しているが、東京電力福島第一原子力発電所事故(以下、原発事故という)以降、その変動範囲を超えたセシウム-137($$^{137}$$Cs)が検出されており、これはセシウム-134($$^{134}$$Cs)との放射能比から原発事故の影響であることを確認している。現在、継時的に多くの環境試料中$$^{137}$$Cs濃度は減少傾向にあるが、ヒラメについてはその濃度の減少傾向においても高い$$^{137}$$Cs濃度が測定される時がある。これについては、海水や海底土中$$^{137}$$Cs濃度の影響が考えられるが、魚体の大きさによる違いも関連性があると考えられる。したがって、ヒラメ中$$^{137}$$Cs濃度と魚体の大きさに関する基礎データを取得することを目的とし調査を行った。その結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.