検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The Safety design guideline development for Generation-IV SFR systems

第4世代ナトリウム冷却炉に関する安全設計ガイドラインの整備

中井 良大

Nakai, Ryodai

第4世代原子力システム国際フォーラムの安全設計クライテリアタスクフォースは第4世代ナトリウム冷却高速炉の安全設計要求を規定する安全設計クライテリアフェーズI報告書の完成以降、その具体的な適用を支援するための安全設計ガイドラインを整備している。安全設計ガイドライン整備の目的は安全設計クライテリアの設計への適用にあたって固有/受動的安全特性の活用およびシビアアクシデントの防止および緩和対策を含む特定の課題について安全性の向上の観点から開発者/設計者を支援することである。最初の報告書の「安全アプローチ安全設計ガイドライン」は炉心の反応度と除熱喪失に関する課題に関する安全アプローチをガイドすることを目的としている。第2の報告書の「系統別安全設計ガイドライン」は、安全上重要な構築物、系統および機器である炉心、冷却系、格納系に関する機能要求を示す。

The GIF Safety Design Criteria Task Force (SDC TF) has been developing a set of safety design guidelines (SDG) to support practical application of SDC since the completion of the "SDC Phase I Report" that clarifies safety design requirements for Gen-IV SFR systems. The main objective of the SDG development is to assist SFR developers and vendors to utilize the SDC in their design process for improving the safety in specific topical areas including the use of inherent/passive safety features and the design measures for prevention and mitigation of severe accidents. The first report on "Safety Approach SDGs" aims to provide guidance on safety approaches covering specific safety issues on fast reactor core reactivity and on loss of heat removal. The second report on "SDGs on key Structures, Systems and Components (SSCs)" focuses on the functional requirements for SSCs important to safety; reactor core system, reactor coolant system, and containment system.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.