検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

遮へい等機能を考慮した可搬型測定追加パーツの試作

Trial manifacture of the portable attachment for measurement

副島 吾郎

Soejima, Goro

「ふげん」では、施設の汚染状況等の調査の一環として、可搬型放射線測定器(以下「測定器」という。)を用いて、配管等からの放射線を直接測定し、汚染レベルの評価手法を確立するための技術開発を行っている。この測定作業は管理区域内で汚染を有する配管等を対象に実施することから、以下の課題がある。・放射線量が高い場合、周辺の放射線量の影響により測定精度が低下する。・測定器は温度による影響を受けることから、特に冬場や夏場には測定精度の低下やばらつきの原因となる。本件は、上記を踏まえ、測定器に対して取り付けるパーツの遮へい機能及び調温機能の要求仕様を説明するものである。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.