検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

蒸気発生器における伝熱管破損時長時間事象進展解析コードLEAP-IIIの開発

Development of LEAP-III code for evaluation of long-time event progress under tube failure accident in steam generators

内堀 昭寛; 柳沢 秀樹*; 高田 孝; 栗原 成計; 浜田 広次; 大島 宏之

Uchibori, Akihiro; Yanagisawa, Hideki*; Takata, Takashi; Kurihara, Akikazu; Hamada, Hirotsugu; Ohshima, Hiroyuki

ナトリウム冷却高速炉の蒸気発生器に対する安全評価では、伝熱管破損時のナトリウム-水反応現象の影響による破損伝播の発生有無と水リーク率を評価することが必要である。既往研究において、ウェステージ型破損伝播を伴う長時間事象進展解析コードLEAP-IIが開発されたが、将来炉の新型SGでは水・蒸気系の高温・高圧化が指向されていることから、高温ラプチャ型破損伝播も評価対象に含めることが重要な課題となっている。そこで、本研究では高温ラプチャの発生有無を評価する解析モデルを構築し、LEAP-IIコードへ導入した。本解析モデル導入後の解析コードをLEAP-IIIとした。本解析モデルの機能確認として、伝熱管群の存在する体系におけるナトリウム-水反応試験を対象とした解析を実施した。本解析では水リーク管周辺における模擬伝熱管で高温ラプチャが発生する結果が得られ、解析モデルが正しく機能し、なおかつ保守的な評価結果を与えることを確認した。

For safety assessment of a steam generator of sodium-cooled fast reactors, it is necessary to evaluate the possibility of occurring tube failure propagation and of water leak rate under sodium-water reaction accident. In the previous studies, a computer code called LEAP-II calculating a wastage-type failure propagation and the water leak rate during long-time event progress was developed. In this study, a numerical method to evaluate the possibility of occurring overheating rupture was introduced into the LEAP-II code to expand application range of this code. The completed code is called LEAP-III. The test analysis on a tube bundle configuration demonstrated that the overheating rupture model could provide conservative prediction.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.