検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「ふげん」における知識マネジメントシステム構築に向けた取組み

The Initiative towards construction of Knowledge Management System in FUGEN Decommissioning Engineering Center

手塚 将志; 樽田 泰宜 ; 香田 有哉

Tezuka, Masashi; Taruta, Yasuyoshi; Koda, Yuya

原子力施設の廃止措置は、長期に亘るプロジェクトであり、高経年化が進む国内では使命を終えた施設から順次、着手していくこととなる。また、廃止措置の実施にあたっては、設計、建設、運転時代のプラント情報等が必要となることに加え、実施過程を通して得られる技術、データ、知見、経験、文書等を効果的に活用していくことが不可欠である。一方、各原子力施設の現場では、建設・使用前検査段階や運転・保守に携わってきた世代が高齢化とともに退職を迎えることにより、この世代が経験的に保有してきた情報やノウハウ等が失われる懸念がある。こうした背景を踏まえ、2008年に廃止措置計画の認可を得て、現在、廃止措置を実施中である原子炉廃止措置研究開発センター(以下「ふげん」という。)では、今後の廃止措置を安全かつ合理的に実施していくために、人材育成とともに次世代へ技術・知識を継承する取組みとして知識マネジメントシステムの構築を進めている。また、本システムは、「ふげん」を素材としたプロトタイプを基盤とし、今後の廃止措置施設に活用できるよう汎用性のあるシステム構築を目指すものである。

Implementation of decommissioning needs much plant information in period of Design, construction and operation. In addition, it is essential for efficient dismantling works to advance the technologies, data, lessons and learns, experiences and documents by getting through the decommissioning process. On the other hands, as workers who operated or maintained the plant are aging and retiring, their empirical knowledge has been lost. For the purpose of safety and reasonability of further decommissioning activities, Knowledge Management System (KMS) has been producing in FUGEN which is now under decommissioning. KMS is an initiative of human resources development and to pass on expertise and knowledge to the younger generations. The system based on the prototype of FUGEN aims a high versatility system available for further decommissioning facilities.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.