検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核テロへの備え; 主要国の核鑑識体制整備の動向

Readiness for nuclear terrorism; Nuclear forensics framework in advanced nations

玉井 広史; 木村 祥紀; 大久保 綾子; 篠原 伸夫; 富川 裕文

Tamai, Hiroshi; Kimura, Yoshiki; Okubo, Ayako; Shinohara, Nobuo; Tomikawa, Hirofumi

核鑑識は核セキュリティ強化の一環として、犯罪捜査で押収された核物質・放射性物質(RI)を分析してその出所・由来を解明し、犯人・犯罪組織の摘発・裁判に有用な物的証拠を提供するものである。核鑑識能力を高めるために、核物質・RIの物理的・化学的分析を行いその特徴を明らかにする核鑑識ラボラトリの整備と、分析結果の照合を行って当該物質の出所を同定するための核鑑識ライブラリの構築が必要である。その上で、犯罪捜査や裁判に資するため「管理の連鎖」と呼ばれる証拠保全が求められ、法執行機関等の関係機関との緊密な連携が重要である。こうした一連の核鑑識を体系的に実施するため、関連機関の枠組みや所掌について定めた国内対応計画の策定が各国の果たす責務とされている。現在、核鑑識対応能力の強化はIAEAをはじめ国際的な協力のもとに進められており、参加各国の着実な体制整備が図られている。今後の更なる強化の観点から、特に整備の進んでいる欧米主要国の事例から、核鑑識体制の向上に向けた課題の抽出と検討を行った。

Nuclear forensics is effective measure for strengthening nuclear security through the analysis of origin and characteristics of nuclear materials or radio-isotopes collected at the crime scene inspections. In the development of nuclear forensics laboratory/library, "Chain of Custody" should be kept in mind on the view point of juridical process. Each nation should develop own national response plan to stipulate the framework for integrated nuclear forensics activities. Good practices for stipulating national frameworks for nuclear forensics are investigated in advancing nations such as US, EU and Canada. Issues and measures are proposed aiming at improving its framework.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.