検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力知識マネジメントの構造依存性とその認識

Structural dependence of nuclear knowledge management

樽田 泰宜  ; 柳原 敏*

Taruta, Yasuyoshi; Yanagihara, Satoshi*

IAEAは2002年に原子力の科学、技術、理解を強化することの重要性を述べており、その重点項目を挙げている。一方、原子力施設の廃止措置プロジェクトは長期間にわたり、設計、建設、運転に関して膨大な量の情報が存在している。しかし、日本では廃棄物処理場に関する意思決定に時間を要し、廃止措置が延長される傾向にある。そのため、知識の継承と次世代への教育に懸念があり、知識マネジメントシステムが必要であると指摘されている。そこで、廃止措置を進展させるためにも原子力知識マネジメント(NKM)を推し進めることが大切である。そのためにはNKMとは何であるのか、といった問いを明らかにする必要がある。そこで、言語学的な構造依存性に着目し、今後の、廃止措置を含めた原子力知識マネジメントに対して考察する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.