検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

中性子回折法による鉄筋コンクリートの付着応力度分布の非破壊測定

Nondestructive measurement of bond stress distribution of reinforced concrete using neutron diffraction

鈴木 裕士 ; 楠 浩一*; 兼松 学*; 向井 智久*

Suzuki, Hiroshi; Kusunoki, Koichi*; Kanematsu, Manabu*; Mukai, Tomohisa*

中性子回折法は材料深部の残留応力を非破壊・非接触で測定できる手法の一つとして知られている。われわれは、世界で初めて、鉄筋コンクリートの付着挙動の評価に中性子回折法を応用し、コンクリート内部に埋設された鉄筋の付着応力度分布の非破壊・非接触測定に成功するとともに、コンクリートのひび割れや鉄筋腐食に伴う応力分布の変化を捉えることにも成功した。このように、中性子回折法は鉄筋コンクリートの付着挙動の評価に有効なひずみ測定技術であり、今後、鉄筋コンクリートの構造力学研究や構造材料研究に広く応用されると期待される。本論文では、これまでに得られた成果を総括する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.