検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

MLF装置制御ソフトウェアフレームワークIROHA2の現状2017

The Present status of the instrument control software framework "IROHA2" at MLF, J-PARC

中谷 健 ; 稲村 泰弘 ; 森山 健太郎*

Nakatani, Takeshi; Inamura, Yasuhiro; Moriyama, Kentaro*

装置制御ソフトウェアフレームワークIROHA2はJ-PARC, MLFの共用ビームラインのいくつかに導入され、実運用されている。IROHA2ではデバイス制御, 装置管理, シーケンス管理, 統合制御といったサーバーが連携して実験機能を提供しており、各サーバーはWebブラウザ上で操作可能である。IROHA2は2016年からの開発により、(1)デバイス制御サーバーの実時間データ処理インターフェース、(2)シーケンス管理サーバーの自動測定スクリプトWebインターフェース改良、(3)実験ステータスのインターネットからの監視、を実装しようとしている。(1)により、DAQミドルウェアが採用するのと同じ分散メッセージングミドルウェアを用いて、ファイルを介さずにリアルタイムにデータを処理することが可能になる。(2)では、従来装置制御のみであったシーケンス管理サーバーによる自動測定について制御と解析を組み合わせた自動実験を可能にする。(3)では、統合制御サーバーが生成する実験ステータスについて、MLF統合認証システムによる権限管理下でインターネットからのアクセスを可能にする。本発表では、これらの新しい機能の実装状況と今後の展開について示す。

The instrument control software framework "IROHA2" have been introduced and used in several neutron instruments at MLF, J-PARC. IROHA2 consists of several severs, which are the device control, the instrument management, the sequence management and the integrate control. Users cooperate to use these servers to carry out their experiments with a web browser. By the development since last year, new features are implemented to IROHA2 as follows: (1) Real-time data processing interface on the device control server with a distributed messaging middleware, (2) Flexible web user interfaces for automatic measurements on the sequence management server, (3) Remote experimental status monitoring system on the integrate control server, which is access controlled by the MLF integrate authorization system. We will report the implementation status and future plans of IROHA2.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.