検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

シンチレーターを用いた高線量場用コンプトン型全方向$$gamma$$線カメラの実証試験

Experimental verification of an all-sky gamma-ray Compton camera based on scintillators for use in high-dose environments

片桐 秀明*; 佐藤 亘*; 榎本 良治*; 若松 諒*; 田中 聡一*; 加賀谷 美佳*; 武田 徹*; 村石 浩*; 吉田 龍生*; 渡辺 宝*; 和田 清人*; 内田 智久*; 田中 真伸*; 加藤 新一*; 原田 寛之

Katagiri, Hideaki*; Sato, Wataru*; Enomoto, Ryoji*; Wakamotsu, Ryo*; Tanaka, Soichi*; Kagaya, Mika*; Takeda, Toru*; Muraishi, Hiroshi*; Yoshida, Tatsuo*; Watanabe, Takara*; Wada, Kiyoto*; Uchida, Tomohisa*; Tanaka, Manobu*; Kato, Shinichi*; Harada, Hiroyuki

本件は、開発した全方位$$gamma$$線コンプトロンカメラを用いて福島第一原子力発電所及び、J-PARC 3GeVシンクロトロンで行った実証試験に関するものである。シンクロトロンでは、ビーム運転中に生じたビーム損失により加速器機器が放射化し、運転後には0.01から1mSv/hの範囲で高線量場が分布する。その残留放射能測定に適用できるのか、コンプトロンカメラの実証試験を行った。その結果、実際に線源が広がって分布する場所においても線源を同定でき、既知の線量分布と一致する正しい$$gamma$$線イメージングが可能であることを実証した。本発表では、それら結果に関して報告する。

We developed All-Sky Gamma-Ray Compton Camera based on Scintillators. We measured the residual dose rate in F1 by using this detector. Additionally, we measured the residual dose rate at beam line in J-PARC 3 GeV RCS, where has a high dose-rate from 0.01 to 1 mSv/h caused by beam loss during beam operation. We performed the experiment that we can use the detector in the RCS. As the result, we evaluated to obtain $$gamma$$-ray imaging of dose rate, which is consistency the measured one by using other detectors. In our presentation, we will report these results.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.