検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

山地の雲や霧がもたらした放射能汚染を解明; 航空機モニタリングと数値シミュレーションによる解析

Estimation of radionuclide deposition process by cloud and fog water at mountainous area; Comparison of observed data of airborne radiation monitoring and reproduction calculation

眞田 幸尚 ; 堅田 元喜*; 兼保 直樹*

Sanada, Yukihisa; Katata, Genki*; Kaneyasu, Naoki*

福島第一原子力発電所事故直後から継続的に行われてきた、東日本における有人ヘリを用いたモニタリングのデータを活用し、地上からの観測が難しい山岳地域の高線量地帯での標高と空間線量率との関係をWSPEEDI-II(大気拡散シミュレーション)による再現計算結果と比較しながら、地形と放射性セシウム沈着過程の関係について解説する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.