検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

坑道掘削時の内空変位計測結果に基づく初期応力状態の推定

Estimation of in situ stress based on the measurement of convergence during gallery excavation

青柳 和平 ; 亀村 勝美*; 菅原 健太郎*; 萩原 健司*

Aoyagi, Kazuhei; Kamemura, Katsumi*; Sugawara, Kentaro*; Hagihara, Takeshi*

大規模な地下施設の設計・施工にあたっては、岩盤の不均質性を考慮して適切な初期応力状態を設定することが重要となる。幌延深地層研究センターでは、地下施設建設前のボーリング調査で水圧破砕試験により初期応力状態を設定したが、水圧破砕試験で評価できる領域は小さいため、不均質性の影響を含む広範囲な初期応力状態の設定については課題が残されていた。そこで本研究では、幌延深地層研究センターの深度350mに掘削された周回坑道で取得した内空変位に基づき、地下施設規模の初期応力状態を推定する手法を開発し、適用した。推定した初期応力値は、設計で用いた値より高い結果であるものの、ボーリング調査結果に矛盾するものではなかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.