検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ウランと環境研究プラットフォーム構想; ウランと環境研究懇話会

Uranium and environmental research platform; Social gathering of uranium and environmental research

中山 卓也; 八木 直人; 佐藤 和彦; 日野田 晋吾; 中桐 俊男; 森本 靖之; 梅澤 克洋; 杉杖 典岳

Nakayama, Takuya; Yagi, Naoto; Sato, Kazuhiko; Hinoda, Shingo; Nakagiri, Toshio; Morimoto, Yasuyuki; Umezawa, Katsuhiro; Sugitsue, Noritake

人形峠環境技術センターでは、2016年12月21日に、今後の事業計画案として「ウランと環境研究プラットフォーム」構想を公表した。この構想は人形峠環境技術センターの施設の廃止措置を着実に進めるために必要な、ウランと環境をテーマとした研究開発を通じ、地域・国際社会への貢献を目指すものである。この構想を進めるにあたって、研究開発活動の効率化・活性化、研究活動を通じた地域共生、研究活動の安全・安心等の視点から、立地地域住民および外部の専門家等による、事業計画案への意見・提言を頂き、研究開発の信頼性・透明性を確保するため、「ウランと環境研究懇話会」を設置した。「ウランと環境研究懇話会」は、2017年6月から12月にかけて、5回開催し、「ウランと環境研究懇話会としての認識のまとめ」が取りまとめられた。また、この懇話会で頂いた意見・提言を「ウランと環境研究懇話会での意見・提言等の概要」として取りまとめられた。

The Ningyo-toge Environmental Engineering Center of JAEA has been working together with local communities for more than 60 years. Through our R&D projects on from uranium exploration to uranium enrichment as a part of the nuclear fuel cycle (i.e., front-end), we have accumulated experiences in the fields of management of uranium related technology. Taking advantage of such our potential, we will start new R&D program on "Research on Uranium and the Environment." In December 2016 we announced our new concept of the "Uranium and Environmental Research Platform" as a framework aimed at contributing to regional and international society through R&D programs (environmental research and uranium waste engineering research) that are needed to steadily carry out decommissioning of uranium handling facilities.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.