検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Three-dimensional analysis using polygons in Particle and Heavy Ion Transport code System (PHITS)

粒子・重イオン輸送計算コードPHITSでのポリゴンを使用した三次元解析

古田 琢哉

Furuta, Takuya

PHITSの最新バージョンには四面体メッシュ体系を取り扱う機能が導入されている。この体系は四面体を構成ユニットとし、三角形の面を繋ぎ合わせることで複雑体系を構築するポリゴン体系の一種である。四面体メッシュ体系はTetGen等のメッシュ生成ソフトウェアで、ポリゴン体系データを変換することで作成できる。これに加えて、線量分布等の計算結果を三次元可視化ソフトウェアのParaViewで読み込むため、必要な形式に出力する機能をPHITSに導入した。また、上述のTetGenは体系データをParaView形式に変換する機能も有している。以上の機能を組み合わせて使用することで、ポリゴンデータからTetGenで四面体メッシュに変換し、PHITSによる輸送計算を行い、結果をParaViewで体系と共に表示して三次元解析を行うという一連の動作が可能になった。

Recently we introduced a function in PHITS to treat tetrahedral-mesh geometry. Tetrahedral-mesh geometry is a structure composed of combination of tetrahedrons and able to construct complex objects. Tetrahedral-mesh objects can be obtained by converting polygon data using mesh generation software such as TetGen. We also implemented a function in PHITS to export tally results into the format of the three-dimensional visualization software ParaView. TetGen is able to convert the polygon data into ParaView format. Together with these tools, three-dimensional analysis can be realized for PHITS simulation using a polygon objects.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.