検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

溶液中の金属カチオンによるA3003の腐食挙動変化

Corrosion behavior changes of A3003 by metal cations in solutions

大谷 恭平  ; 坂入 正敏*; 兼子 彬*

Otani, Kyohei; Sakairi, Masatoshi*; Kaneko, Akira*

本研究では、異なる金属カチオンを含んだ模擬淡水を用いて電気化学測定および表面観察・分析を伴う浸漬腐食試験を実施し、金属カチオンの種類により異なるアルミニウム合金の腐食挙動や腐食速度の違いを明らかにすること、更にカチオンの硬さ、Xを改良した新規腐食指標を提案することを目的として実験を行った。観察と分析結果から、アルミニウム合金の腐食挙動は溶液に含まれる金属カチオンの種類によって大きく変化すること、金属カチオンはアルミニウム合金表面に結合することで腐食挙動を変化させることがわかった。さらに、新規腐食指標Yを提案し、アルミニウム合金の腐食速度は溶液中に含まれる金属カチオンのもつ腐食指標Yの値に伴って減少することを明らかにした。

The effects of metal cations on corrosion of A3003 aluminum alloy in model fresh water were investigated by electrochemical techniques and immersion tests. The electrochemical and immersion results showed that hardness of metal cation, X is not suitable as a corrosion indicator of A3003. A novel corrosion indicator is proposed, and it is shown that the novel indicator can estimate the corrosion rate of A3003 in fresh water.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.