検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Reducing the beam impedance of the kicker at the 3-GeV rapid cycling synchrotron of the Japan Proton Accelerator Research Complex

J-PARC RCSにおけるキッカーインピーダンスの低減法

菖蒲田 義博 ; Chin, Y. H.*; 林 直樹 ; 入江 吉郎*; 高柳 智弘  ; 富樫 智人; 外山 毅*; 山本 風海  ; 山本 昌亘  

Shobuda, Yoshihiro; Chin, Y. H.*; Hayashi, Naoki; Irie, Yoshiro*; Takayanagi, Tomohiro; Togashi, Tomohito; Toyama, Takeshi*; Yamamoto, Kazami; Yamamoto, Masanobu

J-PARCの3GeVシンクロトロン(RCS)は、物質生命科学研究施設(MLF)と50GeVシンクロトン(MR)にビームを供給しているが、MRへは横方向のビームサイズを小さくする必要がある。一方、RCSのビームは横方向のビームサイズが小さくなるに従って、ビームが不安定になるが、原因は、キッカー電磁石由来のビームのインピーダンスが大きいためである。今回、我々はそのRCSのキッカー電磁石のビームのインピーダンスを下げるために、キッカー電磁石の端末をダイオードと抵抗で終端する手法を開発した。しかし、この手法では、非線形素子(ダイオード)を使うため、定量的にビームのインピーダンスを評価することが難しい。本論文では、シミュレーションと測定でそれを評価できる手法について議論した。両者の結果はよく一致し、これによってキッカー電磁石のビームのインピーダンスが確かに低減できていることが確認できた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:29.6

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.