検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島における放射性物質の分布状況調査,5; 空間線量率の事故後初期$$sim$$2年後の減少傾向

Investigation on distribution of radioactive substances in Fukushima, 5; Decrease in dose rate during initial two years after the Fukushima Dai-ichi NPP accident

吉村 和也 ; 三枝 純

Yoshimura, Kazuya; Saegusa, Jun

本研究では、文部科学省が2011年3月23日以降に実施した空間線量率のモニタリング結果につき、事故から2年後までの期間について減少速度の解析を行った。空間線量率の減少は、速く減少する成分と遅く減少する成分とに分けられる、二重指数関数で表された。減少速度は、いずれの成分も物理減衰より大きかった。また減少速度は土地利用により左右され、舗装面や建造物が支配的な環境でより早く減少することが示唆された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.