検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

加速器質量分析装置の小型化に向けたイオンチャネリングの応用

Application of ion channeling for downsizing Accelerator Mass Spectrometry (AMS) systems

松原 章浩*; 藤田 奈津子 ; 石井 邦和*; 木村 健二*

Matsubara, Akihiro*; Fujita, Natsuko; Ishii, Kunikazu*; Kimura, Kenji*

イオンチャネリングは、結晶の空隙をイオンが進行し、大角散乱等の核的相互作用の確率が著しく低下する現象である。一般的にイオンチャネリングの応用として、イオンビーム分析での結晶性評価が知られる。われわれはチャネリングを加速器質量分析(AMS)の要素技術に応用することを提案している。AMS要素技術へのチャネリングの応用としては、ディグレーダーとストリッパーである。いずれも、イオンビームをガスあるいは薄膜に入射した際のイオンと物質の相互作用を基にしたものである。イオンチャネリングによるこれらの応用は、AMSを小型化することを可能にする。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.