検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Enhancement of permeability activated by supercritical fluid flow through granite

花崗岩を流れた超臨界流体によって活性化された透水性の向上

野原 壯; 宇野 正起*; 土屋 範芳*

Nohara, Tsuyoshi; Uno, Masaoki*; Tsuchiya, Noriyoshi*

この地質学的研究は、地熱活動の痕跡を評価するために、花崗岩の電子プローブマイクロアナライザ解析を利用している。角閃石-長石温度計を適用し、ガラス状脈の温度は約700$$^{circ}$$Cと推定された。ボーリング岩石コアの肉眼および顕微鏡の観察の結果は、角閃石および斜長石によるマイクロフラクチャーの充填が、超臨界流体の流れの軌跡であることを明らかにした。粒界マイクロフラクチャーおよび平行マイクロフラクチャーは、白亜紀後期における花崗岩体の定置直後に起こったと考えられる超臨界流体の限られた活動によって形成された痕跡と認識された。現在の高い透水性は、超臨界流体に関連したマイクロフラクチャーネットワークと関係すると考えられた。超臨界流体による割れ目の痕跡は、深さ1200mの坑井を用いて簡易的に把握された。各試験区間の透水性と割れ目の特徴とに基づいて代表的なタイプが提案された。緑泥石充填の割れ目タイプは、相対的に小さい割れ目分布密度を示したにも関わらず、高い透水性に対応した。この研究の結果は、透水性の向上は、花崗岩を流れた超臨界流体によって活性化されたことを示した。

Amphibole-plagioclase thermometry was applied to estimate the temperature of a glassy vein as approximately 700. The results of observations of the rock core revealed that of supercritical fluid flow was microfracture filling with hornblende and plagioclase. The current high permeability was recognized to be microfracture network. A high-angle fracture of chlorite filling in combination with an open fracture was recognized as characteristics of a high-permeability type.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Geochemistry & Geophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.