検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Investigation of $$alpha$$ clustering with knockout reactions

ノックアウト反応による$$alpha$$クラスター状態の探索

吉田 数貴; 緒方 一介*; 延与 佳子*

Yoshida, Kazuki; Ogata, Kazuyuki*; Kanada-En'yo, Yoshiko*

本研究では、$$alpha$$クラスター状態探索の手段として$$alpha$$ノックアウト反応がどのような性質を持っているかを明らかにすることを目的とした。歪曲波インパルス近似に基づき、$$alpha$$ノックアウト反応を記述した。また、その枠組みのなかで、新たにMasking functionという量を定義し、Masking functionが$$alpha$$ノックアウト反応の原子核表面性を表す良い指標となることを明らかにした。$$alpha$$クラスター構造がコア核と$$alpha$$粒子とが空間的に離れた特異な構造であることを考えれば、反応プローブの核表面性は極めて重要であるため、masking functionの振る舞いはノックアウト反応がクラスター現象を探索する方法としてどの程度良いかを表すことができる。本研究ではその振る舞いを調査し、$$alpha$$ノックアウト反応は核表面性が強く、$$alpha$$クラスター状態を探索する手段として適していることを明らかにした。

In $$alpha$$ clustering studies, it is very important to probe the $$alpha$$ cluster amplitude at nuclear surface since $$alpha$$ spectroscopic factor is not necessarily a direct measure of the $$alpha$$ clustering. We consider $$^{20}$$Ne($$p$$,$$palpha$$)$$^{16}$$O and $$^{120}$$Sn($$p$$,$$palpha$$)$$^{116}$$Cd at 100 - 400 MeV within the distorted wave impulse approximation (DWIA) framework. We introduce a $textit{masking function}$ which shows how the reaction amplitude in the nuclear interior is suppressed and defines the probed region of the $$alpha$$ cluster wave function. It is clearly shown by means of the masking function that thanks to the absorption of distorting potentials, the $$alpha$$ knockout reaction probes the $$alpha$$ cluster amplitude in the nuclear surface region, which is the direct measure of well-developed $$alpha$$ cluster states.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:47.08

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.