検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Structures of the $$Lambda (1405)$$ in the Skyrme model

Skyrme模型における$$Lambda (1405)$$の構造

江添 貴之; 保坂 淳; 丸山 敏毅

Ezoe, Takashi; Hosaka, Atsushi; Maruyama, Toshiki

$$Lambda (1405)$$は単純な3クォークの状態でその性質を説明することの難しいエキゾチックハドロンの候補として知られている。$$Lambda (1405)$$の性質を決定することはハドロン物理学における重要課題の一つである。近年、$$Lambda (1405)$$$$bar{K}N$$$$pi Sigma$$の2チャンネルの共鳴状態であると考えられており、これはダブルポールストラクチャーとして知られている。$$Lambda (1405)$$の構造を議論する第一歩として、我々はSkyrme模型を用いて$$bar{K}N$$の議論をした。Skyrme模型はハドロンの性質をよく記述でき、その特徴としてハドロンを有限の大きさを持つソリトンとして記述する。結果として、数10Mev程度の束縛エネルギーを持つ$$bar{K}N$$束縛状態が一つ存在することがわかった。これは$$bar{K}N$$束縛状態が互いに緩く束縛した状態であることを意味している。我々は、次の一歩として、$$bar{K}N$$$$piSigma$$の結合を取り入れた計算を行う。

The $$Lambda (1405)$$ is well-known as a candidate of the exotic hadron whose properties can not be easily explained by a simple three-quark state. To determine the properties of the $$Lambda (1405)$$ is one of the most important tasks in hadron physics. Recently, the $$Lambda (1405)$$ is considered to be a resonance of the $$bar{K}N$$ and $$pi Sigma$$ channels, which is well-known as the double-pole structure. To investigate the $$Lambda (1405)$$, as a first step, we have considered the $$bar{K}N$$ channel by the Skyrme model, which is able to describe the hadron properties well and describes baryon as a soliton with structure of finite size. As a result, we have found one bound state with the binding energy of order 10 MeV, which means that the $$bar{K}N$$ bound state is a weakly binding object of the $$bar{K}$$ and $$N$$. We shall include the coupling of $$bar{K}N$$ and $$piSigma$$ channels as a next step.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.