検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Nuclear data processing code FRENDY

核データ処理コードFRENDY

多田 健一

Tada, Kenichi

核データ処理はJENDLなどの評価済み核データライブラリとMVPやPHITS、MARBLEなどの輸送計算コードとを繋ぐ非常に重要なプロセスである。原子力機構では現在、国産評価済み核データライブラリJENDLの処理を目的として、国産核データ処理コードFRENDYの開発を進めている。本発表では、核データ処理とFRENDY開発の重要性を核データの評価・測定に関係する専門家に周知するため、評価済み核データライブラリから断面積ライブラリを作成するまでのそれぞれの概要と、核データ処理コードFRENDYの概要と特徴について説明する。

JAEA has developed a new nuclear data processing code FRENDY (FRom Evaluated Nuclear Data librarY to any application) to generate a cross-section data library from evaluated nuclear data library JENDL. In this presentation, author explains how to generate cross-section data library and overview and features of FRENDY.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.