検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Design evaluation of monitoring small specimens attached on the spallation target vessel for integrity examination plan and cutting device technical evaluation for volume reduction of high radiated materials

核破砕ターゲット機器の健全性状態の調査検討のためのモニター用小型試験片の取付けに関する設計検討、及び高放射化物の減容化のための切断機器の技術的評価

根本 英幸; 若井 栄一 ; 木下 秀孝  ; 増田 志歩; 原田 正英  ; 高田 弘  ; 石川 幸治*; 今成 慶*; 伊藤 剛士*

Nemoto, Hideyuki; Wakai, Eiichi; Kinoshita, Hidetaka; Masuda, Shiho; Harada, Masahide; Takada, Hiroshi; Ishikawa, Koji*; Imanari, Kei*; Ito, Takeshi*

J-PARC物質・生命科学実験施設(MLF)では、水銀ターゲット容器に陽子ビームを照射し水銀の核破砕によって中性子が発生する。特に水銀ターゲット容器は大強度陽子ビームを受けて使用するため、機器の健全性を評価が必要である。また、このような機器は高放射化物となり、保管及び将来の使用済み機器の処理・処分に向けて、減容化等の技術検討を進めることが重要課題となっている。本研究は、使用中のターゲット容器に関する健全性状態の調査検討のためのモニター用小型試験片の取付け方法の検討とその基本設計を実施し、課題点を抽出した。また、使用後に高放射化物となる水銀ターゲット容器機器などに対する減容化のための技術評価として、大型機器でも取り扱いができる丸鋸刃を利用した回転切断方式で、かつ乾式方法を採用したモックアップ機を製作し、機能試験を実施したところ、切断時の温度上昇はほとんどなく、また、切粉についても粉末状でなく、期待した粒状になっていることが確認できた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.