検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of a user-friendly interface IRONS for atmospheric dispersion database for nuclear emergency preparedness based on the Fukushima database

原子力緊急時対応準備に活用するための福島データに基づく大気拡散データベースの簡便なユーザーインターフェイスIRONSの開発

El-Asaad, H.*; 永井 晴康; 相楽 洋*; Han, C. Y.*

El-Asaad, H.*; Nagai, Haruyasu; Sagara, Hiroshi*; Han, C. Y.*

大気拡散シミュレーションは、原子力緊急時対応の事前検討において環境中の放射性プルームを評価するための重要な情報を提供する。しかし、様々な条件の計算を実行し膨大な計算結果からデータを引き出すには労力と時間を要する。そこで、シミュレーション結果から放射性プルームの特徴を引き出す際にユーザーを補助するインターフェイスを開発した。このインターフェイスは、福島第一原子力発電所からの20日間の放射性物質の放出についてのWSPEEDI-IIの計算結果のデータベースを使用し、ユーザーに重要な定量的データを提示する。ユーザーは、インターフェイスの補助により、放出条件を変えて様々なケースシナリオを作成し、感度解析を行うことができる。

Atmospheric dispersion simulations can provide crucial information to assess radioactive plumes in the environment for nuclear emergency preparedness. However, it is a difficult and time-consuming task to make simulations assuming many possible scenarios and to derive data from a vast number of results. Therefore, an interface was developed to assist users in conveying characteristics of plumes from simulation results. The interface uses a large database that contains WSPEEDI-II simulations for the first 20-days of radioactive release from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, and it displays essential quantitative data to the user from the database. The user may conduct sensitivity analysis with the help of the interface by changing release condition to generate many different case scenarios.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.