検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Decommissioning of JMTR and study for construction of a new material testing reactor

JMTRの廃止措置と新たな照射試験炉の検討

神永 雅紀 ; 楠 剛 ; 土谷 邦彦 ; 堀 直彦 ; 那珂 通裕 

Kaminaga, Masanori; Kusunoki, Tsuyoshi; Tsuchiya, Kunihiko; Hori, Naohiko; Naka, Michihiro

JMTRの運転は、2006年8月に点検と見直しを行うために一旦停止され、その後の議論によりJMTRの改修と運転再開が最終的に決定された。改修工事は2007年度から開始され、2011年3月に終了したが、2010年度末(2011年3月)に発生した東日本大震災によりJMTRの再稼働前の機能試験が遅れた。一方、2011年の地震を考慮した安全性評価に基づき、2013年12月18日に原子力規制委員会(NRA)により、試験研究炉に対する新規制基準が定められた。新規制基準では、地震,津波に対する見直し、自然現象の考慮、及び燃料損傷を防止するための設計基準事故を超える事故(BDBA)の考慮が含まれている。新規制基準へ対応するための解析評価は、タイムリーかつ集中的に実施され、原子力規制委員会への設置変更許可申請は2015年3月27日に提出された。申請書提出後、JMTR原子炉建家の耐震性評価は、基準地震動を810gaと仮定して実施した。その結果、原子炉建家及び原子炉プール壁の耐震補強工事が必要であることが判明した。耐震補強に係る検討の結果、耐震補強を行い新規制基準に適合させるためには、少なくとも7年間の補強工事期間と約400億円の費用が必要であることが明らかになった。同時に、当初予定していた年間8運転サイクルといった高稼働率は、高経年化対応が必要なため、期待できないことが明らかになった。このため、原子力機構は2017年4月に発表した施設中長期計画の中で、JMTRを廃止措置施設として位置付けた。その後、文部科学省により設立された研究開発基盤作業部会において国として持つべき研究開発基盤について審議され、2018年4月に原子力機構に対しJMTR後継炉の建設に向けた検討を行うよう提言がなされた。このため、原子力機構は、JMTR後継炉検討委員会を設置し、新たな照射炉の建設に向けた検討を開始した。検討結果は2019年度末までにまとめられる予定である。本報告では、主としてJMTRの廃止措置計画の概要について述べる。

The JMTR operation was once stopped in order to have a check & review in August 2006, and the refurbishment and restart of JMTR was finally determined by the national discussion. The refurbishment was started from FY2007, and was finished in March 2011. However, at the end of the FY2010, the Great-Eastern-Japan-Earthquake occurred, and functional tests before the JMTR restart were delayed. On the other hand, based on the safety assessments considering the 2011 earthquake new regulatory requirements have established on Decmber18, 2013 by the NRA. The new regulatory requirements include the satisfaction of integrities for the updated earthquake forces, Tsunami, the consideration of natural phenomena, and the management of consideration in the Beyond Design Basis Accidents (BDBA) to protect fuel damage and to mitigate impact of the accidents. Analyses related to the new regulatory requirements have intensively been performed timely, and an application to the NRA had been submitted in March 27, 2015. After submission of application, seismic resistance assessment of JMTR reactor building was carried out by assuming the standard earthquake ground motion of 810 ga. As the results, it was found that seismic reinforcement work for reactor building and reactor pool wall were required. As a result, it became clear that at least 7 years of reinforcement work period and cost of about 40 billion yen are required for seismic reinforcement and to meet new regulatory standards. At the same time, it was made clear that high availability such as 8 operation cycles per year as originally planned cannot be expected due to aiging problem. For this reason, JAEA positioned JMTR as a decommissioning facility in the mid- and long-term plan of JAEA announced in April 2017. On the other hand, JAEA started to study the construction of a new material testing reactor. The examination results will be compiled by the end of FY2019. In this paper, outline of JMTR decommissioning plan is described.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.