検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「ふげん」重水系・ヘリウム系等のトリチウム除去

Tritium removal of heavy water system and helium system in FUGEN

瀧谷 啓晃; 門脇 春彦; 松嶌 聡; 松尾 秀彦; 石山 正弘; 荒谷 健太; 手塚 将志

Takiya, Hiroaki; Kadowaki, Haruhiko; Matsushima, Akira; Matsuo, Hidehiko; Ishiyama, Masahiro; Aratani, Kenta; Tezuka, Masashi

日本原子力研究開発機構新型転換炉原型炉施設「ふげん」(以下、「ふげん」という。)は、約25年間の運転を経て、2008年2月12日に廃止措置計画の認可を取得し、廃止措置に移行して解体作業を進めている。「ふげん」は、減速材として重水を使用しており、原子炉の運転に伴って重水素による中性子の吸収によってトリチウムが生成・蓄積されているため、炉心本体, 重水系及びヘリウム系はトリチウムによって汚染されている。これらの設備の解体撤去に先立ち、環境へのトリチウムの放出量及びトリチウムによる内部被ばくリスクを低減するとともに、作業性を確保するため、廃止措置の第一段階である「重水系・ヘリウム系等の汚染の除去期間」の作業の一環として、これらの設備のトリチウム汚染を除去する作業を2008年度から開始し、2017年度に完了した。本報告書では、炉心本体, 重水系及びヘリウム系のトリチウム汚染の除去作業に当たって作業方法や作業の進捗管理等を検討し、実証した結果を報告する。

Advanced Thermal Reactor (ATR) FUGEN was operated for about 25 years, and now has been proceeding decommissioning after the approval of the decommissioning plan in Feb. 2008. The reactor, heavy water system and helium system are contaminated by tritium because of neutron absorption of heavy water, which is a moderator. Before dismantling these facilities, it is necessary to remove tritium from them for not only reducing the amount of tritium released to surrounding environment and the risk of internal exposure by tritium but also ensuring the workability. In first phase of decommissioning (Heavy Water and Other system Decontamination Period), tritium decontamination of the reactor, heavy water system and helium system started in 2008 and completed in 2018. This report shows the results of tritium decontamination of the reactor, heavy water system and helium system.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.