検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Operation status of J-PARC rapid cycling synchrotron

J-PARC 3GeVシンクロトロンの運転状況

山本 風海; 神谷 潤一郎

Yamamoto, Kazami; Kamiya, Junichiro

現在、J-PARCの3GeVシンクロトロン(RCS)は物質生命科学実験施設及び主リングシンクロトロンに500kW以上の出力で陽子ビームを供給している。J-PARCのような大強度の陽子ビーム加速器では、わずかな割合のビームロスであっても機器が高線量に放射化されるため、ビームロスの低減が非常に重要である。また、多数のユーザーに向けて運転を行っているため、安定にビーム運転を続けることが望まれている。平成30年度はそれらの要求に応じるために、入射用炭素薄膜の開発やコリメータの入れ替え等を実施した。また、平成30年6月には設計強度である1MWの出力で1時間運転を行い、許容できるビームロス量で安定に運転できることを確認した。

The 3 GeV rapid cycling synchrotron (RCS) at the Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC) provides more than 500 kW beams to the Material and Life Science Experimental Facility and Main Ring synchrotron. In such a high-intensity hadron accelerator, even losing less than 0.1% of the beam can cause many problems. Such lost protons can cause serious radio-activation and accelerator component malfunctions. Therefore, we have conducted a beam study to achieve high-power operation with less loss. In addition, we have also maintained the accelerator components to enable stable operation. This paper reports the status of the J-PARC RCS over the last japan fiscal year.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.