検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核分裂生成物核種の核データ研究のフロンティア,1; 評価研究の進展: JENDL-4.0からその先へ

Frontier of nuclear data researches on fission product nuclides, 1; Progress in nuclear data evaluation

岩本 信之 

Iwamoto, Nobuyuki

日本原子力学会2019年春の年会(茨城大学水戸キャンパス)において、核データ部会が主催した企画セッション「核分裂生成物核種の核データ研究のフロンティア」で行った講演をもとに、JENDL-4.0の開発以降における核データ研究の進展を紹介する。JENDL-4.0の開発では核分裂生成物の核データに対する信頼性向上に重点が置かれていた。次期汎用核データライブラリであるJENDL-5やこれ以降のライブラリ開発においても、核分裂生成物に対する核データの精度や信頼性向上のために、J-PARC・MLF・ANNRIの測定解析結果を用いた共鳴パラメータの改訂やレベル密度モデルの改良などの研究を進めている。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.