検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力緊急時支援・研修センターの活動; 平成30年度

Annual report of Nuclear Emergency Assistance and Training Center; April 1, 2018 - March 31, 2019

原子力緊急時支援・研修センター

Nuclear Emergency Assistance and Training Center

日本原子力研究開発機構は「災害対策基本法」及び「武力攻撃事態等及び存立危機事態における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律」(以下「武力攻撃事態対処法」とする。)に基づき、「指定公共機関」(国や地方公共団体と協力して緊急事態などに対処する機関)として国及び地方公共団体等に対し、原子力災害または放射線災害への対処において、技術支援をする責務を有している。この支援を行うため、日本原子力研究開発機構は原子力緊急時支援対策規程、防災業務計画及び国民保護業務計画を作成し、それらに基づき、原子力緊急時支援・研修センターは、緊急時には支援活動の中心となり、全国を視野に入れた専門家の派遣、防災資機材の提供、防護対策のための技術的助言等の支援活動を行う。また、平常時には、我が国の防災対応体制強化・充実のために、自らの訓練・研修のほか、国、地方公共団体の原子力防災関係者のための実践的な訓練・研修、原子力防災に関する調査研究及び国際協力を実施している。本報告は、第3期中長期計画(平成27年度$$sim$$令和3年度)に従って原子力緊急時支援・研修センターが実施した、平成30年度の活動実績を紹介する。

The Japan Atomic Energy Agency (JAEA) is one of the designated public institutions. JAEA has responsibilities of providing technical assistances to the Japanese and local governments in case of nuclear or radiological emergencies based on these Acts. In order to fulfill the assistances, the JAEA has prepared the Nuclear Emergency Support Measures Regulation, Disaster Prevention Work Plan and Civil Protection Work Plan. The Nuclear Emergency Assistance and Training Center (NEAT) is the main center of the technical assistance in case of emergency, and dispatches experts, supplies equipment and gives them technical advice and information. In normal time, the NEAT provides the exercises and training courses concerning the nuclear preparedness and response to emergency responders. This report introduces the results of activities in Japanese Fiscal Year 2018, conducted by NEAT in accordance with the third medium and long-term plan from Japanese Fiscal Year 2015 to 2021.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.