検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

結晶質岩を対象とした連成現象が長期挙動におよぼす影響に関する研究(2)および(3)(共同研究)

Study on effects of coupled phenomenon on long-term behavior for crystalline rock in fiscal year 2017 and 2018 (Joint research)

市川 康明*; 木本 和志*; 松井 裕哉

Ichikawa, Yasuaki*; Kimoto, Kazushi*; Matsui, Hiroya

高レベル放射性廃棄物の地層処分において、処分坑道周辺岩盤の力学的安定性は、建設・操業時はもとより、埋め戻し部分の状態変化を可能な限り小さくするため閉鎖後にわたって維持されることが重要である。一方、坑道周辺の岩盤は、長期的にはクリープや応力緩和などの力学的な時間依存性挙動を示すことが知られており、その挙動を把握・評価できる技術の構築が地層処分の技術的信頼性向上のための課題の一つとなっている。このため、微視的亀裂の進展に着目した室内実験および化学反応も考慮できるような数値解析による研究を通じ、一般性の高い岩盤の長期挙動メカニズムに関する知見を得ることを目的とした研究を、岡山大学との共同研究として2016年度より開始した。2017年度および2018年度の研究では、2016年度までの研究成果を踏まえ、2次元的に多点での表面波計測が可能な自動計測システムを構築するとともに、微視的構造特性の評価の観点から弾性波に関する幾つかのパラメータを算出した上で、それらの有用性について予察的な検討を実施した。

It is important to evaluate the mechanical stability around the geological repository for high-level radioactive waste, during not only the design, construction and operation phases, but also the post-closure period over several millennia. The rock mass around the tunnels could be deformed in response to time dependent behaviors such as creep and stress relaxation. Therefore, this study has started as a joint research with Okayama University from 2016. This report summarize the results of the joint research performed in fiscal year 2017 and 2018. Based on the research results obtained in fiscal year 2016, automatic measurement system was developed, which can collect very large data on surface elastic wave propagation in a short time, also the applicability of various kinds of parameters derived from measured elastic wave data was examined.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.