検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC次世代タイミングシステム

Next generation timing system for J-PARC

田村 文彦  ; 高橋 博樹 ; 上窪田 紀彦*; 伊藤 雄一; 林 直樹 

Tamura, Fumihiko; Takahashi, Hiroki; Kamikubota, Norihiko*; Ito, Yuichi; Hayashi, Naoki

J-PARCタイミングシステムは2006年のリニアックのビーム運転開始から現在に至るまで安定に動作しており、供給される正確なタイミング信号は大強度ビームの加速,供給に不可欠なものとなっている。一方、運用開始から10年以上が経過し、タイミング信号の伝送に使用されている光素子の生産中止など、現状のままでのタイミングシステムの維持は困難である。このため次世代タイミングシステムへの更新を検討している。現システムでは機器を動作させるためのタイミング信号を各装置に3本のケーブルで分配する必要があるが、次世代システムではこれらを高速シリアル通信技術を用いて1本の光ケーブルで伝送する。また、送信モジュールから受信モジュールに至るまで電気ケーブル配線を用いないことで、ノイズ環境の悪い電源室等での動作の一層の安定化が期待される。本発表では、J-PARC次世代タイミングシステムの詳細、開発および移行の方針について報告する。

Precise timing pulses from the timing system are necessary for acceleration of high intensity proton beams in the J-PARC accelerators. The existing timing system was developed during the construction period of the J-PARC. The system has been working well for more than ten years, however, the optical modules for the signal transfer from the central control building to the accelerators are discontinued already. Although we have spares of the optical devices, maintenance of the system will be difficult. Therefore, we are developing the next generation timing system for the J-PARC. We present the design of the system, preliminary test results, and future plans.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.