検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

研究施設等廃棄物の埋設処分計画と技術的検討状況について

Plan and technical development status of disposal of low-level radioactive waste generated from research facilities

坂井 章浩

Sakai, Akihiro

研究施設等廃棄物の埋設事業の計画と最近の技術的検討状況を報告した。最近の課題として、廃棄物の放射能評価に関する課題と埋設施設の設計及び操業に関する課題が上げられる。廃棄物の放射能評価については、トレンチ埋設施設の安全機能を強化することで核種からの線量を低減させ、重要核種となる核種数を減らすことによる合理化を検討している。トレンチ埋設施設の安全機能としては、地下水シナリオへの対策として、廃棄物層への浸入水量を低減する遮水工や核種の漏出を抑制する収着層の設置を想定し、跡地利用シナリオへの対策として、廃棄物層への人間侵入に対する抵抗性を有する覆土構造の設置を想定した。これらの安全機能を備えたトレンチ施設において各核種からの線量の試算を行い、線量が十分に低減することを確認するとともに、重要核種の数を少なくできる可能性が示唆された。また、埋設施設の設計及び操業に関する課題については、トレンチ処分施設において、容器内の空隙により覆土が沈下し、水溜りとなることを防止するため、予め覆土の傾斜角を大きくする対策を紹介した。これらの課題に対しては、埋設施設の具体的な設計に向けて継続して検討していく。

Plan of disposal of LLW generated from research facilities and recent topics of technical development of the disposal are explained. At first, regarding the radioactivity evaluation of waste, a study about the reduction of the number of important nuclides by the method that enhances the safety functions of the trench disposal facility is introduced. The installation of impermeable layers and sorption layers in order to reduce the leaching of nuclides and the installation of a cover structure with resistance to human intrusion into the waste layer are examined as the safety functions. Then, regarding the design and operation of trench disposal facilities, a measure that increase the slope angle of the cover soil beforehand is explained in order to prevent the cover soil from settlement caused by voids in the waste containers at the trench disposal facility. We will continue to study the specific design of trench disposal facilities to realize the measures to these issues.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.