検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement of a time dependent spatial beam profile of an RF-driven H$$^-$$ ion source

高周波駆動負水素イオン源のビームプロファイルの時間変化の測定

和田 元*; 神藤 勝啓  ; 柴田 崇統*; 笹尾 眞實子*

Wada, Motoi*; Shinto, Katsuhiro; Shibata, Takanori*; Sasao, Mamiko*

イオンは、低周波電磁誘導がそのターゲットとなるイオンを含む荷電粒子の輸送を駆動するプラズマシースを介してイオン源から引き出される。負水素イオン(H$$^-$$)生成のためのイオン源ではMHz帯の高周波交流源がプラズマを励起している。狭い入口のスリットを持った高速ビーム電流計測システムを用いることで、2MHzの高周波源で行動したイオン源から引き出したH$$^-$$ビームのAC成分の強度についての空間分布の調査を行うことができた。ビーム揺動の空間分布は、ビーム中心では周辺部に比べてより小さい揺動であることが分かった。

The ions are extracted from an ion source through a plasma sheath where a low frequency electromagnetic induction drives transport of charged particles including the target ions. High frequency alternating current commonly excites plasmas in sources for negative hydrogen (H$$^-$$) ions at a frequency in the MHz range. A high-speed beam current monitor system coupled to a narrow entrance slit enabled the investigation of the special distribution of the AC component intensity of the H$$^-$$ ion beam extracted from an ion source driven by a 2 MHz radio frequency (RF) power. The distribution showed a smaller oscillation of the beam at the center.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.