検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Investigation of appropriate ladder number on probability table generation

確率テーブル作成における最適なラダー数の検討

多田 健一

Tada, Kenichi

確率テーブルは連続エネルギーモンテカルロ計算コードにおいて非分離共鳴領域の自己遮蔽効果を考慮する手法として広く利用されている。確率テーブルはラダー法を用いて計算される。ラダー法では非分離共鳴領域の平均的な共鳴パラーメータと乱数を用いて疑似的な共鳴構造を多数作ることで、確率テーブルを計算している。確率テーブルはこの疑似的な共鳴構造を作る回数、すなわちラダー数に影響される。このラダー数は断面積ライブラリの作成時間に大きな影響を与えることから、断面積ライブラリ作成時間を低減させるためにはラダー数を出来るだけ少なくすることが重要である。しかし、最適なラダー数の検討は今まで行われていなかった。そこで本研究では、JENDL-4.0の全核種を対象として、最適なラダー数の検討を行った。その結果、ラダー数100で詳細なラダー数を用いた確率テーブルとの差異が十分に小さくなることが分かった。また、確率テーブルの差異が臨界解析に与える影響を評価したところ、確率テーブルの差異が臨界解析に与える影響は小さいことが分かった。

The probability table is widely used for continuous energy Monte Carlo calculation codes to treat the self-shielding effect in the unresolved resonance region. The ladder method is used to calculate the probability table. This method generates a lot of pseudo resonance structures using random numbers based on the averaged resonance parameters. The probability table affects the ladder number. i.e., number of pseudo resonance structures. The ladder number has large impact on the generation time of the cross section library. In this study, the appropriate ladder number is investigated. The probability table of all nuclides prepared in JENDL-4.0 is used to investigate the appropriate ladder number. The comparison results indicate that the differences of the probability table are enough small when the ladder number is 100.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.