検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核燃料施設の安全とリスク評価; 潜在的なリスクレベルに応じた対応の必要性

Safety and risk assessment of Nuclear Fuel Facilities; Graded approach based on the risk level

吉田 一雄

Yoshida, Kazuo

核燃料施設では、様々な事故が想定される。このようなリスクの特徴を踏まえ、我が国ではリスク情報の活用に向けてリスク評価手法及び評価のために必要な基礎的データの整備が積極的に進められてきた。リスク評価の実施基準では、リスクのレベルに応じた詳細さの評価を行う「Graded Approach」の考え方に基づき、比較的簡略な手法による「概略的なリスク評価」と、発電炉のPRAに準じた「詳細なリスク評価」の組み合わせが採用されている。核燃料施設の事故は発電炉に比べると公衆への影響としては比較的小さいと考えられ、リスク情報は安全設備の設計や運転管理の計画を支援するために使われるべきものと考える。英国,米国において核燃料施設のリスク評価は、安全対策に抜け落ちや弱点がないか確認すること等を目的として利用されている。我が国の規制でのリスク情報の活用として安全性向上評価の実施が求められている。さらに検査制度の見直しも進められている。今後は、安全を確保する上でリスク評価の意義が正しく理解され実務の中に定着していくことが重要であり、安全性向上や新検査制度での活用をうまく進めることが、その鍵になると考えられる。

The probabilistic Risk Assessment has been recognized to have important role for the safety enhancement of nuclear facilities in Japan. Efforts of developing methodologies and basic data for risk assessment are undertaken actively for NFFs (Nuclear Fuel Facilities) in Japan. The standard for risk assessment for NFFs is consist of simplified assessment detailed one based on the concept of Graded Approach depending on the risk levels of their facilities. Risk-informed application is useful for activities of enhancing safety measures by the licensee rather than in regulatory decision making because of lower risk level of NFFs. The risk assessment has been also required in the periodic safety self-review by the licensees. The correct understanding of significance of risk assessment for safety management of facilities is essential for the risk-informed application. It is key event to apply the risk assessment in the safety self-review and new regulatory inspection system.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.