検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Systematic study on the quark-hadron mixed phase in compact stars

高密度星におけるクォーク-ハドロン混合相の系統的研究

Xia, C.-J.*; 丸山 敏毅 ; 安武 伸俊*; 巽 敏隆*; Shen, H.*; 富樫 甫*

Xia, C.-J.*; Maruyama, Toshiki; Yasutake, Nobutoshi*; Tatsumi, Toshitaka*; Shen, H.*; Togashi, Hajime*

高密度星を構成する物質のクォーク-ハドロン混合相について調べる。クォーク相とハドロン相はそれぞれいくつかのモデルにより計算し、混合相の形状と状態方程式については、Ravenhallらによる連続的な幾何学的次元による計算法を踏襲する。その際表面張力は固定した値のものの他、多重反射展開法によるものと、equivparticle法によるものとを使う。これによって天体の全体的構造や質量,半径などが得られる。天体の半径と潮汐変形性の相関はハイブリッド星でも中性子星のときと同様であった。重い天体になると中心付近にクォーク物質が現れ、クォーク-ハドロンの境界の表面張力が全体の構造に対して重要になる。0.8fm$$^{-3}$$以下の密度では観測量により状態方程式に対する制限が良く得られるが、高密度では不定性が大きかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:40.85

分野:Astronomy & Astrophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.