検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

New method for visualizing the dose rate distribution around the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant using artificial neural networks

人工ニューラルネットワークを使用した福島第一原子力発電所周辺における空間線量率分布可視化

佐々木 美雪 ; 眞田 幸尚  ; Katengeza, E. W.*; 山本 章夫*

Sasaki, Miyuki; Sanada, Yukihisa; Katengeza, E. W.*; Yamamoto, Akio*

本研究では、上空からの放射線測定値を人工ニューラルネットワークを使用して地上1mの空間線量率分布へ可視化する方法を提案した。本手法は、無人航空機による福島第一原子力発電所周辺で行われた上空からの放射線モニタリングのデータを使用した。ネットワークを構築するためのトレーニングデータとして、過去に取得した多数の調査データを活用した。人工ニューラルネットワーク換算値の信頼性は、地上調査データと比較して評価した。人工ニューラルネットワークの換算によって作成された空間線量率分布は、従来の方法と比較してより地上測定値に近い値を算出した

This study proposed a new method to visualize the ambient dose rate distribution using artificial neural networks from the results of airborne radiation monitoring. The method used airborne radiation monitoring conducted around Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant by an unmanned aerial vehicle. A lot of survey data which had obtained in the past was used as training data for building a network. The reliability of the artificial neural network method was evaluated by comparison with the ground-based survey data. The dose rate map that was created by the artificial neural networks method reproduced the ground-based survey results better than traditional methods.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:0

分野:Multidisciplinary Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.