検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Modelling concrete degradation by coupled non-linear processes

非線形プロセスによって生ずるコンクリート劣化のモデル化

小田 治恵  ; 川間 大介*; 清水 浩之*; Benbow, S. J.*; 平野 史生 ; 高山 裕介 ; 高瀬 博康*; 三原 守弘; 本田 明

Oda, Chie; Kawama, Daisuke*; Shimizu, Hiroyuki*; Benbow, S. J.*; Hirano, Fumio; Takayama, Yusuke; Takase, Hiroyasu*; Mihara, Morihiro; Honda, Akira

TRU廃棄物処分場では安全性や構造の安定性の確保、及び放射性物質の移行遅延などの観点からコンクリートの使用が考えられている。本研究では、コンクリートの劣化及びひび割れ発生をコントロールする化学-輸送-力学にまたがる非線形連成プロセスを対象とし、複数の計算プログラムを用いて連成解析を実施した。このような連成解析モデルを開発することにより、TRU廃棄物処分場における長期のコンクリート劣化及びひび割れの発生をコントロールする可能性のある重要な非線形プロセスと関係を見出していくことができる。

Concrete in a transuranic (TRU) waste repository is considered a suitable material to ensure safety, provide structural integrity and retard radionuclide migration after the waste containers fail. In the current study, coupling between chemical, mass-transport and mechanical, so-called non-linear processes that control concrete degradation and crack development were investigated by coupled numerical models. Application of such coupled numerical models allows identification of the dominant non-linear processes that will control long-term concrete degradation and crack development in a TRU waste repository.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.