検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

緊急時放射線防護ネットワークのあり方について; 緊急時環境モニタリングと避難退域時検査の支援のために

Conceptual study of networking with radiation protection experts for nuclear emergency preparedness; Focuses on technical support for environmental monitoring and contamination survey for residents

渡邊 裕貴; 中野 政尚 ; 吉田 忠義 ; 高田 千恵 ; 早川 剛 ; 百瀬 琢麿 

Watanabe, Yuki; Nakano, Masanao; Yoshida, Tadayoshi; Takada, Chie; Hayakawa, Tsuyoshi; Momose, Takumaro

放射線安全規制研究戦略的推進事業費(放射線防護研究分野における課題解決型ネットワークとアンブレラ型統合プラットフォームの形成)事業の一環として緊急時放射線防護ネットワーク構築に関する検討に取り組み、万一の緊急事態発生時に、教育研究機関,原子力事業所等の放射線防護分野の研究者/技術者,放射線管理員が、専門性を生かして適材適所で災害支援をするには平常時よりどのような活動を行っていくことが必要か検討を行っている。その概要を2020年6月の日本保健物理学会において報告し、ネットワークのあり方等について意見を集約した。今回、ネットワークの制度設計の概要と緊急時環境モニタリングや避難退域時検査を専門的な立場で支援する要員の育成のあり方の検討状況を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.