検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ナノ磁気構造に創発するスピン起電力とその応用

Spinmotive forces emerging in magnetic nanostructures and its applications

家田 淳一  

Ieda, Junichi

強磁性金属中の非一様磁化構造が時間変化すると創発電磁場が生じスピン起電力が得られる。最近、らせん磁性体に交流電流を流すことで得られるスピン起電力が、インダクタとして作用する理論提案がなされごく最近実験的に観測された。この「創発インダクタ」は、コイルによるインダクタとサイズ依存性が異なり、より小さい素子ほど大きな効果が期待される。本講義前半では、スピン起電力のあらましからスピン軌道相互作用の影響までを含む当該テーマの全体像をつかむ。以上を踏まえ、後半では、創発インダクタの解説を行うとともに、スピン軌道相互作用による素子性能の様々な変調効果を紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.