検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

多様な原子燃料の概念と基礎設計,5; 高温ガス炉と溶融塩炉の燃料

Concepts and basic designs of various nuclear fuels, 5; Fuels for high temperature gas-cooled reactor and molten salt reactor

植田 祥平  ; 佐々木 孔英  ; 有田 裕二*

Ueta, Shohei; Sasaki, Koei; Arita, Yuji*

日本原子力学会誌の連載講座「多様な原子燃料の概念と基礎設計」の第5回として「高温ガス炉と溶融塩炉の燃料」の題目で解説を行う。高温ガス炉の燃料である被覆燃料粒子は、高温ガス炉の高温の熱供給や優れた固有の安全性を支える鍵となる技術の一つである。本稿では高温ガス炉燃料の設計,製造技術,照射性能,実用化並びに高度化開発について述べる。一方、溶融塩炉で用いる溶融塩燃料は燃料自体が液体という特殊なものである。安全性や事故時の環境への影響など優れた性能が期待されているが、まだまだ明らかにすべき課題も多い。その現状について概説する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.