検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延深地層研究計画における広域スケールを対象とした地質構造モデルの更新

Update on the regional-scale 3D geological model in the Horonobe Underground Research Laboratory Project

酒井 利啓; 石井 英一  

Sakai, Toshihiro; Ishii, Eiichi

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構では、高レベル放射性廃棄物の地層処分のための技術基盤の整備と、深部地質環境に関する科学的知見を得ることを目的として、堆積岩を対象とした幌延深地層研究計画を北海道幌延町において進めている。本計画において2018年度までに構築された広域スケールの三次元地質構造モデルとその数値データは、2019年にJAEA-Data/Code 2019-007として取りまとめられた。本報告書では、その後に得られた地下施設周辺の稚内層浅部に関する知見を加え、幌延深地層研究センターを含む約6km四方の領域に対して地質構造モデルを更新した。

Japan Atomic Energy Agency is performing the Horonobe Underground Research Laboratory Project, which includes a scientific study of the deep geological environment as a basis of research and development for the geological disposal of high level radioactive wastes, in order to establish comprehensive techniques for the investigation, analysis and assessment of the deep geological environment in the sedimentary rock. The numerical data of 3D geological model in regional-scale was compiled in 2019 as JAEA-Data/Code 2019-007, and then this report updates a part of the numerical data of 3D geological model around the underground facilities.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.