検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

5万分の1地質図幅「池田」の出版; 世界第一級の大断層「中央構造線」が走る"阿波池田"地域の地質

1:50,000 Quadrangle Geological Map of "Ikeda"; The Geology of the area where a world-class fault system runs

野田 篤*; 宮崎 一博*; 水野 清秀*; 長田 充弘 

Noda, Atsushi*; Miyazaki, Kazuhiro*; Mizuno, Kiyohide*; Nagata, Mitsuhiro

本論は2021年に発刊された「5万分の1地質図幅「池田」」に関連して出版される解説である。四国北東部の香川・徳島県境に位置する「池田」地域は、中心部に讃岐山脈が東西に延び、その南縁には西南日本の地質を南北に二分する世界第一級の大断層「中央構造線」が分布することで知られている。本地域は、中央構造線を挟んだ両側の様々な地質を観察することができ、島弧地殻内の火成・変成作用、島弧地殻表層の堆積作用、プレート境界深部の変成作用といった異なる作用によって、ほぼ同時期に形成された岩石が隣接して分布するという沈み込み帯に特徴的な地質構造を示している。また、同地域は中央構造線の活断層や地すべりなども確認されるため、学術的だけでなく、地震・土砂災害の観点からも重要な地域となっている。

This paper is a brief explanation of the 1:50,000 Quadrangle Geological Map of "Ikeda". The geology of the Ikeda district which is located in the northern part of Shikoku, is divided into basement Late Cretaceous plutonic, metamorphic, and sedimentary rocks, and covering Post-Miocene volcanic and sedimentary rocks. This area is known for the distribution of the Median Tectonic Line, which is the major geological fault in Japan. This map is not only geologically important, but also important from a disaster prevention perspective.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.