検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Pd同位体のeV中性子捕獲反応における$$gamma$$線放出角度分布

Angular distribution of $$gamma$$-rays from the neutron capture reaction of Pd isotopes in the eV energy range

吉川 大幹*; 安部 亮太*; 石崎 貢平*; 伊東 佑起*; 遠藤 駿典  ; 奥 隆之  ; 奥平 琢也*; 亀田 健斗*; 北口 雅暁*; 木村 敦  ; 酒井 健二 ; 嶋 達志*; 清水 裕彦*; 高田 秀佐*; 中井 飛翔*; 広田 克也*; 藤家 拓大*; 吉岡 瑞樹*

Yoshikawa, Hiromoto*; Abe, Ryota*; Ishizaki, Kohei*; Ito, Yuki*; Endo, Shunsuke; Oku, Takayuki; Okudaira, Takuya*; Kameda, Kento*; Kitaguchi, Masaaki*; Kimura, Atsushi; Sakai, Kenji; Shima, Tatsushi*; Shimizu, Hirohiko*; Takada, Shusuke*; Nakai, Asuka*; Hirota, Katsuya*; Fujiie, Takuhiro*; Yoshioka, Tamaki*

中性子複合核共鳴反応では、空間反転対称性の大きな破れが観測されており、状態密度Nに依存するランダムな遷移行列要素Wを仮定した模型で説明される。Wは空間反転対称性の破れとそれに寄与する共鳴の部分幅$$Gamma_{p,j}$$の測定から求められるが、既存のデータの精度は仮定の検証には不十分である。そこでN依存性が顕著な領域に属するPd同位体に着目し、捕獲$$gamma$$線の角度分布測定をJ-PARC・MLF・ANNRIにて行い、部分幅$$Gamma_{p,j}$$を高精度に決定した。また本測定から、$$^{108}$$Pbのp波共鳴の全角運動量Jの値が既知の値と異なっている可能性が示唆された。本講演では実施した角度分布測定及びその結果、また$$^{108}$$PdのJの他の候補の検討結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.