検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

複合核反応を用いた時間反転対称性の破れ探索実験に向けた、熱外中性子反射光学の検証

Study of epithermal neutron optics for time-reversal violation search experiment with compound nuclei

藤家 拓大*; 安部 亮太*; 石崎 貢平*; 伊東 佑起*; 遠藤 駿典  ; 奥 隆之  ; 奥平 琢也*; 亀田 健斗*; 北口 雅暁*; 木村 敦  ; 酒井 健二 ; 嶋 達志*; 清水 裕彦*; 高田 秀佐*; 中井 飛翔*; 広田 克也*; 吉岡 瑞樹*; 吉川 大幹*

Fujiie, Takuhiro*; Abe, Ryota*; Ishizaki, Kohei*; Ito, Yuki*; Endo, Shunsuke; Oku, Takayuki; Okudaira, Takuya*; Kameda, Kento*; Kitaguchi, Masaaki*; Kimura, Atsushi; Sakai, Kenji; Shima, Tatsushi*; Shimizu, Hirohiko*; Takada, Shusuke*; Nakai, Asuka*; Hirota, Katsuya*; Yoshioka, Tamaki*; Yoshikawa, Hiromoto*

数eV程度のエネルギーを持つ熱外中性子は、複合核共鳴吸収反応を用いた時間反転対称性の破れ探索実験などにおいて用いられる。この探索実験では数eV程度の運動エネルギーを持つ熱外中性子を制御し実験に用いる。十分に熱化された熱中性子領域では、中性子の振る舞いは一般的に中性子光学を用いて記述される。しかしながらどのエネルギー領域までこの理論が適応できるかは調べられておらず、熱外中性子領域においても理論が適応できるかを検証することが重要である。そこでJ-PARC・MLF・BL10にて中性子ミラーを用いた反射実験を行い、熱外中性子に対する光学理論の適応限界を検証した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.