検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

偏極中性子を用いた$$^{139}$$La(n,$$gamma$$)反応における角相関項の測定

Measurement of angular dependent term of $$^{139}$$La(n,$$gamma$$) reaction for polarized neutrons

安部 亮太*; 石崎 貢平*; 伊東 佑起*; 遠藤 駿典  ; 奥 隆之  ; 奥平 琢也*; 亀田 健斗*; 北口 雅暁*; 木村 敦  ; 酒井 健二 ; 嶋 達志*; 清水 裕彦*; 高田 秀佐*; 広田 克也*; 藤家 拓大*; 吉岡 瑞樹*; 吉川 大幹*

Abe, Ryota*; Ishizaki, Kohei*; Ito, Yuki*; Endo, Shunsuke; Oku, Takayuki; Okudaira, Takuya*; Kameda, Kento*; Kitaguchi, Masaaki*; Kimura, Atsushi; Sakai, Kenji; Shima, Tatsushi*; Shimizu, Hirohiko*; Takada, Shusuke*; Hirota, Katsuya*; Fujiie, Takuhiro*; Yoshioka, Tamaki*; Yoshikawa, Hiromoto*

複合核共鳴吸収反応においては、時間反転対称性の破れが増幅されることが示唆されており、我々は素粒子標準模型を超える時間反転対称性の破れの探索を目指している。(n,$$gamma$$)反応の測定により標的核の時間反転対称性の破れに対する感度の推定が可能である。標的核候補の1つである$$^{139}$$Laの測定への感度を決定するために、偏極中性子を$$^{139}$$Laに照射し吸収する$$^{139}$$La(n,$$gamma$$)反応の角度依存性をJ-PARC・MLF・ANNRIにて測定した。本講演ではその解析結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.