検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Coexisting normal and intruder configurations in $$^{32}$$Mg

$$^{32}$$Mgにおける通常配位と侵入者配位との共存

北村 徳隆*; Wimmer, K.*; Poves, A.*; 清水 則孝*; Tostevin, J. A.*; Bader, V. M.*; Bancroft, C.*; Barofsky, D.*; Baugher, T.*; Bazin, D.*; Berryman, J. S.*; Bildstein, V.*; Gade, A.*; 今井 伸明*; Kr$"o$ll, T.*; Langer, C.*; Lloyd, J.*; Lunderberg, E.*; Nowacki, F.*; Perdikakis, G.*; Recchia, F.*; Redpath, T.*; Saenz, S.*; Smalley, D.*; Stroberg, S. R.*; 宇都野 穣  ; Weisshaar, D.*; Westerberg, A.*

Kitamura, Noritaka*; Wimmer, K.*; Poves, A.*; Shimizu, Noritaka*; Tostevin, J. A.*; Bader, V. M.*; Bancroft, C.*; Barofsky, D.*; Baugher, T.*; Bazin, D.*; Berryman, J. S.*; Bildstein, V.*; Gade, A.*; Imai, Nobuaki*; Kr$"o$ll, T.*; Langer, C.*; Lloyd, J.*; Lunderberg, E.*; Nowacki, F.*; Perdikakis, G.*; Recchia, F.*; Redpath, T.*; Saenz, S.*; Smalley, D.*; Stroberg, S. R.*; Utsuno, Yutaka; Weisshaar, D.*; Westerberg, A.*

ミシガン州立大学の国立超伝導サイクロトロン研究所にて、中性子過剰核$$^{32}$$Mgの励起状態を$$^{33}$$Mgからの1中性子ノックアウト反応および$$^{34}$$Siからの2陽子ノックアウト反応によって生成し、そこからの脱励起ガンマ線をGRETINA検出器を用いて観測した。$$^{32}$$Mgは中性子魔法数20が消失していることが古くから知られている原子核であるが、10年ほど前に理論予想よりもはるかに低い励起エネルギーに$$0^+_2$$状態が出現することがわかり、その核構造は完全には解明されていない。この実験で得られた生成断面積を理論計算と比較したところ、$$0^+_2$$状態の位置を再現する最近の理論計算で予言される、励起エネルギー2MeV以下の大きな断面積は実験では得られず、$$0^+_2$$状態の位置を再現しない古い理論計算に近い断面積分布となることがわかった。この結果から、$$^{32}$$Mgの低い$$0^+_2$$状態の謎は未だに残されたままとなった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.